2016年02月27日

Visual C++ 2008 Express Edition SP1のインストール失敗の対処方法

 Windows7 SP1 64bit環境にVisual C++ 2008 Express Editionをインストールする用事があったのですが、次のようなエラーメッセージが出てしまい、インストールできずにハマりました。

 Visual Studio 2008 Service Pack 1 システム上にMicrosoft Visual studio 2008 の以前のバージョンが検出されました。インストールを続行するには、SP1に更新する必要があります。Microsoft Updateにアクセスしてその他すべてのバージョンのVisual studio 2008を SP1レベルに更新してから、 Visual studio 2008 Express SP1をインストールしてください。

 VMware環境で確認したところ、普通にインストールできたので、実環境にインストールしてある何かのソフトの影響のようですが、特定できませんでした・・・。

 試行錯誤した結果、下表のレジストリのデータを"0"から"1"に変更したうえでインストーラーを実行することで解決できました。

環境(32bit/64bit) レジストリ
32bitの場合 HKLM\SOFTWARE\Microsoft\DevDiv\VS\Servicing\9.0\SP
64bitの場合 HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\DevDiv\VS\Servicing\9.0

[参考リンク]
Stack Overflow
How do I stop Visual Studio Express SP1 install detecting old version that doesn't exist
http://stackoverflow.com/questions/195169/how-do-i-stop-visual-studio-express-sp1-install-detecting-old-version-that-doesn

以上
posted by やまと at 23:24| Comment(0) | 実験日誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: